愛犬の災難

ある日私たちが夜ご飯を食べていると愛犬の様子がおかしいのです。元気はあるのですが片目をしぱしぱさせています。名前を呼んだりしても尻尾を振ったりクルクル回ったりとテンションもいつも通りなのですが目の様子だけがおかしいのです。何か悪い脳の病気じゃないかすごく心配になり夜だったのですが救急動物病院に行こうか考えました。けど元気があるから朝まで様子を見るべきか悩んでいるとある事を思い出したのです。その日の夜ご飯はキムチ鍋でした。愛犬はご飯を食べている時も私のそばでゴロンとしています。私はキムチ鍋を食べている時にキムチ鍋の汁が少し手に付いてしまいました。後から手を洗おうと思い、その時はティッシュで拭いただけで終わらせました。そしてふと愛犬を見るとメヤニがついていたのでいつも通り手で取ってあげました。そうなんです、キムチの汁が付いた手でメヤニを取っていたのです。いくらティッシュで拭いたと言っても完ぺきに取れているはずもなく、それが愛犬の目をしぱしぱさせていた原因でした。慌ててすぐに弱いシャワーで洗い流した後、フキンを濡らして目を優しく拭いてあげました。だんだん良くなってきている感じがあったので、とりあえず病院には連れていかず一晩様子を見る事に決めました。朝起きて様子を見てみると目のしぱしぱは消えており、いつも通りの愛犬に戻っており一安心しました。今回は目がしぱしぱしてしまう事で終わったので良かったですが、そういう事が原因で目の病気になってしまう可能性があるなと思い、メヤニをとる時はちゃんと手を清潔にしてからじゃないとダメだなという事を学びました。愛犬もとんだ災難だったなという体験談でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>